PROFILE

教授
山田 実MINORU YAMADA

神戸大学大学院医学系研究科にて学位取得後、2008年より京都大学大学院医学研究科助手、2010年同大学院助教、2014年筑波大学人間系准教授を経て、2019年同大学教授に就任。専門分野は老年学、リハビリテーション学。日本サルコペニア・フレイル学会理事、日本転倒予防学会理事、日本老年医学会代議員、日本体力医学会評議委員、日本予防理学療法学会運営幹事など。

PROFILE

2008年8月 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 助手

2010年4月 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻 助教

2014年4月 筑波大学人間系 准教授

2019年2月 筑波大学人間系 教授(現職)

SPECIALIZED FIELD

老年学、リハビリテーション学

KEYWORDS

フレイル
サルコペニア
転倒予防
介護予防

ACADEMIC SOCIETY

  • 日本老年医学会 代議員
  • 日本体力医学会 評議員
  • 日本転倒予防学会 理事
  • 日本サルコペニア・フレイル学会 理事
  • 日本予防理学療法学会 運営幹事
  • 日本理学療法士協会 栄養・嚥下理学療法部門 運営幹事
  • 日本サルコペニア・悪液質・消耗性疾患研究会 世話人 他

AWARD

  • 第40回日本理学療法学術大会 大会奨励賞
  • 第41回日本理学療法学術大会 大会奨励賞
  • 第42回日本理学療法学術大会 最優秀賞
  • 第6回転倒予防医学研究会集会 学会賞
  • 第25回健康医科学 優秀賞
  • 第8回転倒予防医学研究会集会 学会賞
  • 第46回日本理学療法学術大会 優秀賞
  • 長寿科学賞(長寿科学振興財団)
  • The Geriatrics & Gerontology International Best Article Award 2012
  • The 20th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics Best Poster Award 2013
  • 平成26年日本静脈経腸栄養学会 フェローシップ賞
  • 第29回日本老年学会 最優秀演題賞
  • 第2回サルコペニア・フレイル研究会発表会 最優秀演題賞
  • 筑波大学 若手教員奨励賞
  • The Geriatrics & Gerontology International Best Reviewer Award 2016
  • 第1回日本老年医学会 Young Investigator Award
  • The Geriatrics & Gerontology International Best Reviewer Award 2018
  • 日本ヘルスサポート学会 最優秀賞
  • 第62回日本老年医学会 優秀賞 他

今こそ、介護予防を。

新型コロナウイルス感染症の感染予防のためには、3密を避けることが重要です。ですが、これに伴い身体活動や社会活動が制限されることで、フレイル状態を招き、要介護状態を引き寄せてしまいます。そうならないために、今できることは何か。
筑波大学介護予防研究室では、ウィズコロナ時代に、フレイル予防・介護予防を推進する手段の一つとして『web版集いの場』を開設しました。フレイル予防・介護予防のための最新情報をお届けするとともに、間接的に全国各地の参加者と交流を図ることができます。